SM-3の記事一覧

SM-3迎撃ミサイル
1: ◆CHURa/Os2M@ちゅら猫φ ★ 2016/03/01(火) 13:25:42.85 ID:???

2016.3.1 11:00
★【軍事ワールド】〝無法〟北朝鮮の弾道ミサイル、打ち落とせるのか!…「SM-3」迎撃ミサイルの命中率

北朝鮮が事実上の長距離弾道ミサイルを北西部の東倉里(トンチャンリ)から発射したことで、日米の防衛体制に注目が集まっている。日米は弾道ミサイルを撃墜するため「SM-3」と「PAC-3」という2種類の迎撃ミサイルを保有している。かつて弾道弾迎撃の困難さは「けん銃の弾を、けん銃の弾で撃ち落とすようなもの」と例えられてきた。日本を守る両ミサイルの“命中率”はどれほどなのか。(岡田敏彦)

■迎撃は2段構え

日本の弾道ミサイル防衛は2段構えだ。弾道ミサイルを宇宙で破壊するSM-3と、大気圏に再突入してきたところを迎え撃つPAC-3が迎撃を受け持つ。SM-3は海上自衛隊のイージス艦から発射し、PAC-3は地上から発射する。PAC-3は、SM-3が撃ち漏らした弾道ミサイルを大気圏内で迎撃する“最後の盾”といえる。

SM-3の開発には日本も参加し、その発射実験は米ミサイル防衛局により2002年1月25日から開始。15年12月9日までに40回の発射実験を行った(類似のSM-6ミサイルなど含む)。うち迎撃に成功したのは33回で、成功率は82・5%だった。

ただし、失敗のうち3回はターゲットとなる模擬弾道ミサイルが故障するなどの理由でSM-3は発射されず、迎撃の失敗というより実験準備段階での失敗だった。

http://www.sankei.com/west/news/160301/wst1603010005-n1.html

これを考慮すれば実質37回。うち迎撃成功は33回で、成功率は89・1%にまで上がる。

■最後の盾は「100%」

一方、撃ち漏らしを相手にする“最後の盾”のPAC-3は、97年から始まった弾道ミサイル迎撃実験計35回(13年末まで)のうち、成功は29回。成功率は約83%だ。しかし、この実験は多くが実戦さながらの条件で実施されたことを考慮する必要がある。

発射日時を事前に知らせないのはもちろんのこと、弾道ミサイルと航空機の同時迎撃や、弾道ミサイル3発と巡航ミサイル2発の計5発同時迎撃など、厳しい条件下で行われた。

なかには1発の目標に対し2発を発射し、1発目で撃墜、2発目は破壊された弾道ミサイルの破片に命中するという驚異的なスコアもあった。

特筆すべきは、ミサイル誘導に新ソフトウェアを導入した09年12月以降の成績だ。13年末までに14回実施し、失敗は一度もなく、100%の命中率を誇る。

■「当たらない」伝説

http://www.sankei.com/west/news/160301/wst1603010005-n2.html

こうしたミサイル防衛(MD)に対し懐疑的な見方も多いが、不信の元のひとつは1991年の湾岸戦争にある。当時PAC-3の1代前のPAC-2が、イラクのスカッドミサイルを迎撃するため実戦投入された。米政府は当初、スカッドのほぼ全てを「2」で撃ち落としたと発表したが、後の米議会などの調査で命中率はわずか9%だったことが明らかになった。

この失敗から大改良を施され、ほぼ別のミサイルに進化した「3」は、03年のイラク戦争で実戦に投入されて弾道弾2発の迎撃に成功し、その高性能を証明した。

とはいえ、軍事の世界に100%の安心はない。

■“撃ち方”の問題

弾道ミサイルは、簡単に言えば「大きな砲弾」だ。普通の砲弾が火薬の爆発力で大砲から飛び出るのに対し、ミサイルはロケット推進という違いだけで、放物線を描いて自由落下で目標に落ちていくのは同じ。だが、現代では大砲の撃ち方さえも進化している。

ドイツ陸軍が配備している自走砲「PzH2000」など最新の155ミリ自走砲は、1台で3台分の役目を果たす。1発目を高い山なりの弾道で、2発目は低い山なりで、3発目はより低い弾道で連続発射することにより、同一目標への3発同時着弾を可能としたのだ。砲弾の自動装填装置により1分間に8発の射撃が可能となり、これに最新のコンピューターを組み合わせたことで実現した。

http://www.sankei.com/west/news/160301/wst1603010005-n3.html

(以下リンク先で読んでください)

 

「【軍事】〝無法〟北朝鮮の弾道ミサイル、打ち落とせるのか!…「SM-3」迎撃ミサイルの命中率」の続きを読む »

軍事