政治の記事一覧

辺野古埋め立て裁判
1: ちゅら猫φ ★ 2016/03/04(金) 16:10:35.91 ID:???

★辺野古埋め立て巡る裁判 国と沖縄県の和解が成立
3月4日 13時52分

沖縄のアメリカ軍普天間基地の移設先とされている名護市辺野古沖の埋め立て承認を巡り、国が沖縄県を訴えた裁判は、埋め立て工事を中止して双方が協議するなどとする裁判所の和解案を国と県がいずれも受け入れ、和解が成立しました。

名護市辺野古沖の埋め立て承認を巡って、沖縄県の翁長知事が承認を取り消したことに対し、国は、知事の代わりに取り消しを撤回する代執行を求めて行政訴訟を起こしました。

これまでに裁判所は、国が埋め立て工事を中止し、代執行を求める訴えなどを取り下げる一方で、国と県で改めて協議することなどを求める和解案を示していました。この和解案について、沖縄県は受け入れる考えを裁判所に伝えていましたが、国は当初、工事の中止は受け入れられないとしていました。

これについて安倍総理大臣は、対立が長引けば普天間基地の危険性の除去や移設計画の実現も危うくなりかねないなどとして、和解案を受け入れる考えを表明しました。

また、沖縄県の幹部によりますと、4日昼すぎに福岡高等裁判所那覇支部で行われた話し合いの中で、県も和解案を受け入れる考えを伝えたということで、和解が成立しました。これを受けて国と沖縄県は、今後、和解案に沿って解決に向けた話し合いなどを行うことになります。

■協議と法的手続き 並行して進む見通し
今回成立した和解案では、名護市辺野古沖での移設工事を中止したうえで、国と沖縄県に対して問題の解決に向け改めて協議するよう求めており、話し合いがまとまるかどうかが、今後の焦点となります。

また和解案では、国に対して、沖縄県の翁長知事が行った辺野古沖の埋め立て承認の取り消しを地方自治法に基づいて撤回させる是正措置を求めるとともに、翁長知事が従わなかった場合、別の裁判を起こすよう求めています。
今後、国と沖縄県との間で、協議と法的な手続きが並行して進む見通しです。

http://www3.nhk.or.jp/news/html/20160304/k10010431131000.html

関連スレ
【社会】国連での危険な琉球独立への働きかけ 背後には北朝鮮チュチェ思想共鳴者の武者小路公秀氏 [03/03]
http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1457010844/
【社会】「反基地のオール沖縄」という虚構 米軍基地はローカルな問題ではない 池田信夫 [01/29]
http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1454044637/
【沖縄】選挙違反、世界各国で“日本批判” 国民を愚弄する沖縄の「英雄」? 剥がれ始めた翁長知事の化けの皮 [01/26]
http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1453795143/
【沖縄県民も知らない「普天間基地」】普天間地権者が所有地を誇大申告? 主張通りなら「基地は海岸に飛び出る」面積 [01/21]
http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1453340113/
【沖縄県民も知らない「普天間基地」】普天間住民 土地代を受け取りながら、堂々と耕作 [01/20]
http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1453253174/

 

「辺野古埋め立て巡る裁判 国と沖縄県の和解が成立」の続きを読む »

政治

就職活動
1: 野良ハムスター ★ 2016/02/29(月) 20:51:53.86 ID:CAP_USER*.net

重要閣僚の辞任、株価下落、閣僚の失言……マイナス要因は数あれど、なぜか下がらない安倍内閣の支持率。不可思議な現象の背景を探った。

金銭授受疑惑による甘利明・前経済再生相の辞任は安倍内閣への大打撃になる──。多くの人がそう思う中、実施された1月末の世論調査。ところが、内閣支持率は逆に上昇した。読売新聞が2ポイント、共同通信が4ポイント、毎日新聞では8ポイントも上昇し、いずれも内閣支持率は50%を超えた。

日本銀行のマイナス金利発表後の金融市場の混乱で株価が急落した2月の世論調査では、読売新聞=52%(前回比4ポイント減)、産経新聞とFNN=48%(横ばい)、共同通信=46%(7ポイント減)、時事通信=46%(1ポイント増)と、多くで支持率は下がったが、依然として50%近い。朝日新聞は2ポイント減の40%だった。

なぜ、安倍内閣の支持率は落ちなくなったのか。朝日新聞世論調査部は、現内閣の支持層は「政策を重視する傾向にある」と分析する。

東京都内の大学に通う三橋沙樹さん(21)は就職活動中。アベノミクスの恩恵をひしひしと感じている。民主党政権時代に比べて、大企業の求人数は増え、ゼミの先輩は証券、金融などの大手企業に就職。ことしも大企業が毎週のように学校訪問に来るので、希望が持てる。物心がついたときからずっと不況と言われ続け、友達の父親が大手電機メーカーをリストラされて悲しむ姿も見た。

「とにかく経済が安定する社会になってほしい。野党は、重箱の隅をつつくような批判ばかり。それでは、世の中はよくならないと思います

「就活中の大学生(21)、アベノミクスの恩恵をひしひしと感じる 「野党は重箱の隅をつつくような批判ばかり」」の続きを読む »

政治