米国の記事一覧

ドナルド・トランプ
1: ◆YmoNMMGOdJo.@蛇女乃呪φ ★ 2016/02/15(月) 22:24:22.16 ID:???

 トランプ旋風に困惑しているあなた、ドナルド・トランプ氏が共和党の大統領候補に指名されなければ騒ぎは収まるだろうなどという甘い考えを持ってはいけない。

トランプ旋風は米国がこれまでたどってきた道のりに対して多くの米国人が感じている当然の怒りの表れであり、起こるべくして起きた現象である。
歴史的なナショナルアイデンティティ(国民意識)の喪失という半世紀前から続いてきたプロセスが最終段階に到来したのだ。

【社説】トランプ氏の初戦敗北が意味するもの
政治学者のサミュエル・ハンチントン氏は最後の著書「分断されるアメリカ」(2004年)の中で米国の国民意識を構成する2つの要素に注目した。

1つはアングロ・プロテスタントの歴史が残した遺産である。だが、今の米国には多くの文化的、宗教的伝統が混在しており、この遺産は必然的に薄れつつある。

もう1つは米国という概念そのものだ。かつて歴史学者のリチャード・ホフスタッター氏の「一つであるという以外にイデオロギーを持たないことがわが国の運命だった」という表現で言い表したように。

ハンチントン氏が「米国の信条(American creed)」と呼んだこの米国のイデオロギーを構成しているものは何か。

その中心的な価値は3つ、平等主義、自由、個人主義ということになるだろう。米国の信条を構成するその他のおなじみの要素、つまり法の下の平等、機会の平等、言論・結社の自由、独立自尊、小さな政府、自由主義経済、政治的権限の分権・委譲はこの3つの価値に基づいている。

1960年までは米国の信条は国民の総意だった。この年、民主党から大統領選に出馬したジョン・F・ケネディ氏、リンドン・B・ジョンソン氏、ヒューバート・ハンフリー氏ら候補者は心の底からこの信条を支持していた。共和党候補者との違いは、この信条を構成する個々の要素をどうやって実現するかだけだった。

だが今では米国の信条に権威も中身もない。一体何が起きたのか。それは60年代以降、米国社会全体に起きた、新上流階級と新下流階級の出現や両者の板挟みになっている労働者階級の苦境の中に見いだすことができる。

私は著書「階級『断絶』社会アメリカ:新上流と新下流の出現」(2012年)の中で新たに出現した階級について詳細に議論した。新上流階級は米国の経済、政治、文化を形成する人々によって、新下流階級は労働や結婚など米国の市民文化の根底をなす制度から脱落した人々によって構成されている。
この2つの階級はどちらも口先では米国の信条を支持していても、実際には否定している。追い詰められた労働者階級はトランプ旋風を通じて、自分たちもこの信条を捨てると伝えているのだ。

http://jp.wsj.com/articles/SB11865717880025093900504581541353800594690

 

「トランプ旋風を支える米国の新下流階級」の続きを読む »

国際, 米国