中国経済の記事一覧

 
中国湖南省衡陽市
1 : そすんさーρφ ★[] 2016/05/07(土) 19:23:48.24 ID:???
2016.5.7 18:05
7日付の香港紙、サウスチャイナ・モーニング・ポストは、中国湖南省衡陽市の市政府庁舎前で、千人以上の教師が給与の一部が未払いだとして支払いを求めて3日からデモを行い、警官隊と衝突したと報じた。けが人はいなかった。

衡陽市や周辺からも多数の教師が集まり「給料を払え」「われわれの権利を守るぞ」と叫んだ。同市幹部は、教師への給与支払いは市の財政の重要課題だと表明した

(共同)http://www.sankei.com/world/news/160507/wor1605070050-n1.html?view=pc

「【中国、教師にも給料が払えない模様】教師「給料を払え」、中国湖南省で1000人以上がデモ 警官隊と衝突」の続きを読む »

中国, 中国経済

李克強首相
1: 野良ハムスター ★ 2016/03/09(水) 00:24:01.20 ID:CAP_USER*.net

市場の信頼回復に失敗した李克強首相

世界の金融・資本市場は先週、ようやく小康状態を取り戻した。とりあえず、G20(20ヵ国)財務大臣・中央銀行総裁会議が先月(2月)27日、「あらゆる政策手段を導入する」「通貨の競争的な切り下げを回避する」といった言葉を連ねた共同声明をまとめたことを評価した格好だ。主要株式市場の先週末の終値は、日経平均株価が1万7014円、NYダウが1万7006ドルとそろって大台を回復した。

しかし、これで危機が去ったと安堵するのは大きな間違いだろう。G20の声明は経済協調の一般論を記しただけで、経済危機の患部に対する処方箋になっていない。換言すれば、目先の時間稼ぎに成功したに過ぎないのだ。

で、そうなれば昨年夏や今年初めを上回る国際的な信用不安を誘発しかねない危機である。

肝心の中国当局は、先週土曜日(5日)に開幕した全国人民代表大会(国会に相当)で李克強首相が市場の不信を買った。具体策がないまま、過剰生産の象徴であるゾンビ企業の整理と、6.5%を超す高めの成長という相反する目標を両立させると強弁し、市場の信頼回復に失敗したのだ。

残された時間は少ない。国際社会は、経済政策で後手に回る中国当局に軌道修正を迫り、信用不安を払しょくするための処方箋を示させることができるのか――。世界経済は歴史的な岐路に直面している。

中国の外貨準備高は2014年6月末に3兆9900億ドルとピークに達した。が、その後、減少に転じ、今年1月末には3兆2309億ドル(約378兆円)と、ピークから2割も減少した。特に最近は減少が顕著で、昨年12月に前月比1079億ドル減と過去最大の減少を記録、今年1月も同995億ドル減と、月1000億ドルペースの減少が続いている。

(以下省略)

http://gendai.ismedia.jp/articles/-/48118

経済@2ch掲示板
http://tamae.2ch.net/eco/

 

「リーマンショック以上の危機!?~中国の外貨準備高3兆ドル割れ目前」の続きを読む »

中国経済

外貨準備水増し疑惑
1: ねこ名無し ★@\(^o^)/ 2016/03/08(火) 21:11:23.46 ID:CAP_USER.net

http://www.chosunonline.com/site/data/img_dir/2016/03/08/2016030800663_0.jpg

中国が外貨準備高を実際よりも水増ししているという疑惑に対し、中国政府が強く反発し、論争が過熱している。

中国人民銀行(中央銀行)の易綱副総裁は6日、全国人民代表大会(全人代、国会に相当)の会期中に記者会見し、「明らかに言えるのは、流動性基準に合わない資産は公式な外貨準備高からは除外されるという点だ」と述べた。

すぐに現金化できる資産だけを外貨準備高に算入していると強調した格好だ。易副総裁の発言は、中国がすぐには現金化できない非流動性資産を外貨準備高に含め、金額を水増ししているという疑惑が強まったためだ。

中国政府が公表した1月末の外貨準備高は3兆2308億ドルで、世界最高だが、19カ月連続で減少を続けている。外貨準備高が一定基準以下に低下すれば、中国政府が為替市場の変動に対応することが難しくなると懸念されている

米国のヘッジファンドを運用するカイル・バス氏は「中国の実質的な外貨準備高はせいぜい2兆2000億ドルと推定される」と述べた。つまり、現金化可能な資産だけで判断すれば、中国政府の公式発表の70%に満たないことになる。

西側メディアは中国が短期間では売却が難しい海外不動産を外貨準備高に含めているのではないかと指摘している。

中国政府は弁明に必死だ。全人代期間中に人民銀副総裁が記者会見を開いたこと自体が異例と言える。易副総裁は「(外貨準備高は)米ドルだけでなく、ユーロ、日本円、英ポンドはもちろん、新興国通貨でも構成されている」と強調した。 人民銀の歴史上初めて、外貨準備高に米ドル以外の通貨も組み入れられていることを公式に明らかにした格好だ。複数の外貨を保有しているので、人民元安を防ぎ、危機に対処できるという趣旨だ。

易副総裁はまた、「外貨準備高が減ったのは、中国人民がドルを隠しており、表に出てこないだけだ。ドルが海外に大量に流出したわけではない」と強調した。

国際決済銀行(BIS)は「中国の外貨準備高が減少したのは、中国が多額のドル建て対外債務を返済した結果とも言えるため、最近の国際社会による懸念は行き過ぎの面がある」と指摘した。

孫振碩(ソン・ジンソク)記者

http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2016/03/08/2016030800688.html

 

「【中国経済】中国政府、外貨準備水増し疑惑に反発」の続きを読む »

中国経済