浜田 宏一
1: ちゅら猫φ ★ 2016/03/03(木) 11:37:45.33 ID:???

★「レス・ザン・ゼロ」―日本のマイナス金利
日本の状況は、多くが考えるほど深刻なものではない
2016.3.3(木) 浜田 宏一

(東京より)日本経済を再膨張させようとする大胆な試みの一環として、日本銀行はマイナス金利を導入した。

こういった政策は何も目新しいものではなく、既に欧州中央銀行・スウェーデン銀行・スイス銀行その他の銀行も打ち出しているが、日銀にとってはいまだ慣れない領域である。そして不運にも、市場は日銀の期待通りに反応していない。

* * * *

理論上、マイナス金利は、民間金融機関が中央銀行に預金する際には原則支払いが必要とすることによって、民間会社への貸付増加、続いて消費や投資の増加(雇用増加を含む)を促進させるはずである。さらに、これによって株式市場は立ち直り、家計消費も増加し、為替は円安になって、デフレは終わりに向かうはずである。

しかし、理論はいつでも実践につながるわけではない。日銀のマイナス金利導入が、金利体系をほとんど一瞬で低下させている間に(ここまでは予想済みであったが)、円の為替と株式市況は予期せぬ不愉快な影響を受けたのである。

1つの理由は、日本経済に関する悲観的な認識が広がっていることであった。
中国経済の不安定、アメリカの金融引き締め、世界の原油価格の下落によって
悲観的な認識は余計に強まっている。

しかし、日銀の黒田東彦総裁が最近、参議院に対して報告したところによると、
日本の経済指標は基本的には健全であり、悲観的な予測というのはかなり誇張
されたものなのだという。

事実、「アベノミクス」と呼ばれる安倍晋三首相の経済政策のおかげで、日本は、経済の先行き不透明な時代の中では、それなりに前向きな進路を歩んでいる。経済は、過去何十年もの低迷から、着実に回復する兆候を見せている安倍首相が2012年に政権を握ってからは150万の雇用が創出され、失業率は4.6%から3.3%まで下がった観光業は急伸し、国の歳入も民間の収益も急速に伸びてきた

海外における課題も、あまり悪材料ではない。起業に関していうと、変動為替相場制をとる新興経済国と同様、日本は、アメリカの金融引き締めにより事実上の利益を受ける可能性がある。ドル高により日本の輸出が国際競争力を強めるからだ。

同じように、日本のエネルギー自給率が6%であることを考えると、原油安は神の恵みだ。原油安によって日本は当面の期間をしのぐことができるだろう

* * * *

中国の経済状況に関していうと、確かに心配の種はある。中国経済の「ハード」の部分は、40年前に鄧小平が始めた「改革開放」政策以来、大いに前進したものの、経済政策決定の「ソフト」の部分は、今も度を超えた国家管理という制約を受けている。これは問題だ。結果として、中国は、上景気のサービス部門や強い国内消費に支えられた、より持続的な成長モデルへと転換していくために、悪戦苦闘している。

中国の政権を担う共産党が、重要な経済政策に対する締め付けを解消するまでは、締め付け型の国家管理は、世界経済に及ぶ市場の不透明感の原因となるだろう

ただ、日本の状況は、多くが考えるほど深刻なものではない。日本にとって中国の脅威はそう大きくないからだ。例えば、日本から中国への輸出額は日本のGDPの3%に過ぎない

こういった状況を踏まえると、上海の株式市場が揺れ動くたびに東京の株式市場も一緒になって揺れ動く理由はない。従来型のヘッジファンド戦略では、上海の株をショートにし、東京の株をロングにするはずだ。 >>2へ続く

http://jbpress.ismedia.jp/articles/-/46211

 

2: ちゅら猫φ ★ 2016/03/03(木) 11:37:55.53 ID:???

>>1より

* * * *

日本経済の状況は深刻からは程遠い。しかしそうだとしても、実際上は金融緩和政策への誘導であるマイナス金利の導入は、金融緩和として扱われていない。代わりに、日本の株式市場はマイナス金利をより大きな金融リスクの前触れと考え、投機家たちは、円の為替に対して依然として強気の見方を示している。

統計・経済学者の高橋洋一氏は「たった10日の間に8%が動いた2月の円高は尋常ではない。おそらく投機攻撃によって煽られたのだ」という。彼の意見によると、今回の異常な為替変動を食い止めるためには、財務省による為替市場介入が必要であろうとのことだ

2003年から2004年にかけて、日本の通貨当局は大量のドル買いを行った。その結果、日銀が公開市場操作を渋っている時期に金融緩和が実行された。しかし近年では、円の為替レートは市場介入ではなく、金融政策によって決定されている。

概して、私はこのやり方を歓迎しているし、円の為替レートの方向性を変えてしまうような大きな市場介入はお薦めしていない。しかし、一時的な市場心理を悪用して円の価値を市場価値からはるかに上回るように操作するような投機家を罰するための、時折りの市場介入は必要であろうと、私は考えている。(終わり)

3: 名無しさん@13周年 2016/03/03(木) 11:44:07.53 ID:ExZsSsrzx
マイナス金利を批判してる人たちは、ポジション・トークでなければ例外なく経済音痴の馬鹿
金融機関の手先のアナリストやエコノミストがポジション・トーク
それに釣られる評論家やマスコミが経済音痴の馬鹿
今のマスコミに経済がちゃんと理解できてる人はほんの僅か

4: 名無しさん@13周年 2016/03/03(木) 20:21:43.88 ID:WyrGYu84l
外部要因で円が買われ、株安になってるだけ。日本経済の内部要因に起因するものではない。にもかかわらずNHKでも、やれ株が下がった、上がったと不安を煽るだけ。TV視聴者の不安を煽り、消費を減退させる。それを分かっていて報道するのはタチが悪い扇動だが、分からずやってるならタダのアホ。今のマスゴミはその両方かな?

スレッド情報
スレッドURL: http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1456972665/